正課体育教室 

◆幼児期につくられる「運動能力のもと」

子どもの心身は幼児期にめざましく発達し、その過程で習得した身体・精神機能は、将来の運動能力の大切な基礎となります。成長した後で、同様の能力を得るのは、比較的困難であるといわれています。

​子どもの発達に合わせて、適切な運動を幅広く取り入れ、将来の優れた運動能力の基礎を作りましょう。

◆ 専門の体育教師による指導

◆ 運動が自然と好きになれる無理のないカリキュラム

​◆ 先生方とのコミュニケーションを密にとり、各園の目標にそった指導

図1.png

指導システム

図1.png

指導システム

図1.png

指導システム

図1.png

年間カリキュラム例

​1学期     固定遊具・マット・鉄棒・プール

​2学期     運動会発表・平均台・跳び箱・縄跳び

​3学期     ボール・マラソン・サーキット運動

図1.png

未就園児教室

◆ 子育て支援の一環として、就園前の親子を対象に体育教室を行います。

​からだを動かすことで、情緒の安定や活動意欲を促進します。

図1.png

指導開始までのフローチャート

システムの説明

​【お問合せ・訪問】

システムの説明

​【お問合せ・訪問】

デモンストレーション

​実施

ご希望により

契約書取り交わし

カリキュラム

​打ち合わせ

指導開始